本文へ

 

トップ » 清掃業務

清掃業務

貯水槽清掃

貯水槽清掃

貯水槽清掃の意義

「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(いわゆる「ビル管理法」)及び「水道法」の中で、簡易専用水道の設置者はその水道の利用者が安心して利用できる水を供給するため、年1回の貯水槽の清掃や設備・水質の定期点検が義務付けられています。

小規模貯水槽の清掃等が義務化

これまで衛生管理の規制がなかった、有効容量10m3未満の小規模貯水槽に対しても、一般の貯水槽同様に定期清掃等が義務づけられました。小規模貯水槽への規制内容は、各都道府県・政令指定都市毎の、条例や要領などによって取り決められていますので、それぞれ建物所在地の規定を確認してください。

排水管清掃

排水管清掃

排水管清掃の意義

建物内(マンション・ビル・戸建)では調理・洗面・入浴・用便など、人の活動による多様な水の使用による排水が発生します。排水設備は建物内で発生する排水や雨水を速やかに排除する為の設備であり、生活環境に害を与えることなく、確実かつ衛生的に排除するものでなければなりません。
しかし、給水設備・衛生器具設備・排水設備が交錯している建物内では、経年劣化等による設備の破損、建物内エ事における事故や過誤などの原因により、排水が給水系統に流入し、その建物を利用する人の健康が害されることが現実に起こっています。またマンション等の排水縦管部における排水落下音、便器等の流水音なども苦情として多く指摘がります。さらに悪臭や蚊・ハエ等衛生害虫の発生など、非衛生な状況となる可能性もあります。
定期的に清掃・点検を実施することにより、排水システムの機能を常に正常に保つことは建物の維持管理にとってとても大切なことです。

屋外排水管清掃

屋外排水管清掃

屋外排水管清掃

建物内の排水は、屋内排水管(建物内)と屋外排水管(敷地内)と2種類あります。屋外の排水設備も管理者の責任において維持管理しなければなりません。
屋外排水管には、露出配管や埋設管・各排水桝があります。特に埋設管は、地震や土・アスファルト等の重みで「管ズレ」「破損」「たわみ」「勾配不良」などで排水不良を起こすことがあります。雨天や散水時に、水はけが気になりましたら一度ご相談ください。 

その他の緊急対応

  • ・厨房グリース阻集器清掃
  • ・ガソリン阻集器清掃
  • ・汚水槽清掃
  • ・雑排水槽清掃
  • ・尿石除去薬品洗浄
  • ・給水管・給湯管オゾン洗浄

このページの上部に戻る